赤ちゃん 子供 便秘

習慣で便秘に?それとも・・・

子供・赤ちゃん(乳児)の場合は、親や周りの大人が気づいてあげないと改善できません。ポイントとしては週に3回以下しか排便がなく、排便時に時間がかかったり痛みが酷かったりなどすると便秘であると判断できます。

 

原因の多くは習慣性、食事内容、ミルクが体質に合わないなどによるものがほとんどです。しかし、稀にクレチン症(内分泌・代謝疾患)、消化器疾患、筋神経疾患、ヒルシュスプルング病などの場合があります。ちゃんと病院で診断してもらいましょう。

 

習慣性便秘についてはこちら

 

便秘の改善方法、毎日スッキリするためのチェックポイント

 

便意がなくても、毎朝、同じ時間にトイレに行くようにする

食物繊維の多い野菜を毎日食べるようにする

便秘に効く食べ物を食べてみる

食事中もきちんと水分を摂るようにする

適度な運動をする

 

赤ちゃん・子供にも安心・安全⇒ 赤ちゃんも自然にスルッ!日本一オリゴ糖

 

 

ミルクを飲んでいる赤ちゃんのうんちが固い場合は、ミルクが便秘の原因になっていることもあります。メーカーによって体質に合わず、コロコロのうんちになってしまうこともあるので、試しに1度違うミルクを飲ませて様子をみることも改善に繋がる可能性があります。

 

子供の場合は、大人と同じく水分不足で便が固くなってしまう、野菜・食物繊維の不足、腸内環境の悪化があげられます。

 

何日も便秘が続いてお腹が張ってしまったら、応急処置で浣腸を使うのもいいでしょう。今後、便秘を改善させるために・・・と食事療法などを行う場合も、あまりにたくさん便が溜まっているとお腹が張って苦しいので、一度すっきりと出しておくとよいです。

 

浣腸や下剤を何度も繰り返して使うのはよくありませんので注意しましょう。まずは、食物繊維の多い野菜を積極的に取り入れるなどしてみるといいですよ。便秘に効く食べ物の一覧