便秘 サプリ 口コミ

便秘サプリの効果、口コミもチェック!

便秘に悩む人は多く年齢を問わず、赤ちゃんから年配の方までも「毎日すっきりしない」「お腹が張る」「お腹が痛くなる」といった症状が出てしまいます。特に女性に多く、便秘はダイエットの敵だ!とよく云われますが、老廃物をちゃんと出せないことで健康を損ない病気になってしまうこともあります。

 

便秘解消に効果がある「便秘サプリの口コミ」を中心に便秘予防の方法や効果がある食べ物などお通じに関する情報を紹介します。毎日、スッキリできる快便体質を目指しましょう!

 

便秘サプリの人気ランキング

 

カイテキオリゴの特徴
  • 赤ちゃん、子供も安心!高品質オリゴ糖
  • 妊婦さんの便秘解消にも!

オリゴ糖は善玉菌を増やして便秘を解消できます。しかも即効性があり早ければ12時間でスッキリ!(実体験)料理やヨーグルト、飲み物に混ぜて毎日、手軽に摂取することができます。

価格 2,270〜2,554
評価 評価5
備考 25日全額返金保証

ビフィリゴ10000の特徴
  • ビフィズス菌BB536配合の機能性表示食品
  • 1日分で約20億個のビフィズス菌

ビフィズス菌、イソマルオリゴ糖120mg、乳酸菌EC-12とバランスよく便秘解消に働いてくれます。有機JAS認定、GMP認定基準を取得している便秘サプリです。

価格 初回990
評価 評価4.5
備考

善玉菌のチカラの特徴
  • 持ち運びも便利なカプセルタイプ♪
  • 整腸作用が期待できる乳酸菌が10億個!

便秘解消だけでなく、免疫力アップ、アレルギー対策にも注目されるカスピ海ヨーグルト生まれの乳酸菌がたっぷり!カルシウムも1粒(1日分)あたり70mg取れるのもうれしいですね。

価格 初回1,550
評価 評価4
備考 プレゼント付き

 

便秘サプリの効果・口コミ

 

カイテキオリゴの口コミ

 

オリゴ糖は糖なので甘い、太ると思っていましたが、このパウダー状のオリゴ糖は思ったよりも甘くありませんでした。シロップのオリゴ糖は使ったことがありますが、シロップはいくら混ぜても底に溜まってて最後の一口が甘くなっていましたが、それよりもカイテキオリゴは飲み物に混ざりやすいのでよかったです。便秘に対しての効果は知っていたのでいつも通りに翌朝にはすっきりできました。norinoさん・28歳

 

子供のころから便秘がひどく、若い時もずっと便秘で切れ痔、いぼ痔にもなりましたがさすがにこの年になって病気が怖くなり、便秘を治すために購入しました。週に1回〜2回だったお通じが、カイテキオリゴを使うようになってからは、2日に1回はちゃんと出ています。期待以上で体重も1キロ痩せました。毎朝、手作りの無糖ヨーグルトにかけて食べています。相互効果があるのではないかと期待しています。ときのさん・62歳

 

⇒ カイテキオリゴ 公式サイトへ

 

ビフィリゴ10000の口コミ

 

飲み始めて2日目に便意がきました。これまではコーラックとかスルーラックのような腹痛のある便秘薬をいつも飲んでて、効果はあるもののいつもお腹が痛くなるし、腹痛がいつくるか分からないので週末にしか使えず不便でしたが、お腹がまったく痛くならないのでトイレに入って籠る必要もなく快適です。まゆさん・23歳

 

⇒ ビフィリゴ10000 公式サイトへ

 

善玉菌のチカラの口コミ

 

便秘がちな家族全員で飲んでいます。なぜかうちの家族は女性よりも男性陣のほうが便秘がちなんですが、出張が多い父、部活合宿などで遠征が多い弟は持ち運びに便利でよさそうです。しかも、便秘のサプリとばれないのがいいみたいでした。腸内の善玉菌が増えるというので風邪予防、花粉症にも効果を期待しています。優佳さん・22歳

 

⇒ 善玉菌のチカラ 公式サイトへ

 

下剤で一時しのぎはダメ!便秘サプリで根本的に改善を

 

便秘は体質だから仕方がない。子供のころからずっとだし、出なければ下剤で解決。なんて絶対にダメです。薬を使うことで腸が荒れたり、下剤がないと出なくなってしまうこともあります。

 

腸は健康のバロメーターです。腸に老廃物が溜まって、その状態がいつまでも続いてしまうと有害なガスを発生させてしまうこともあります。

 

腸は栄養を吸収する場なので、この有害な物質も体へ吸収してしまって、肩こり、頭痛、冷え性などのまるで関係のないように思える症状や病気を引き起こすこともあるのです。

 

また、お通じが規則的にないことで、大腸癌、大腸ポリーブ、高血圧、アレルギー、逆流性食道炎の原因の1つになります。とにかく便秘にならない様に対応していく必要があります。便秘になってから便秘薬を飲むのではなく、予防がしっかりとできる便秘サプリを使用していきましょう。

 

オリゴ糖の便秘解消への働きって?

 

 

腸の健康が、体の状態に直結しているってご存知でしたか。腸の健康は、体の様々な部分に影響しています。老化防止、美容効果、体の老廃物の除去、心の安定までにも及びます。

 

例えば、便秘の状態とは、腸の中の善玉菌が減り、悪玉菌が増えてしまっている状態で、本来体の外へ出るはずの、不要物や老廃物が体の中に留まってしまっています。すると、老廃物が体の外へ出れないことで再度吸収され、体の中を巡ってしまいます。

 

そのため、肝臓での解毒が必要になり内臓に負担をかけたり、お肌の状態が悪くなってしまったりします。さらに免疫力の低下ももたらします。

 

また、安定感や満足感などをもたらす、幸福ホルモンと言われるセロトニン、脳内物質の一つとして知られていますが、このセロトニンの大部分は腸で生成されているそうです。セロトニンが分泌されることで心の安定感をもたらしますから、健やかな毎日には、腸の健康がかかせません。

 

オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれる

 

腸の中の善玉菌を増やすことが重要で、善玉菌が増えることで、腸内は活性し排泄がスムーズになります。善玉菌を増やし、便秘を解消するには、オリゴ糖がお勧めです。オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境を整えます。

 

カロリーが低く、健康的な甘味料で、幅広い食品に利用されています。また虫歯になりにくいなどの側面もあり、現代人にとって多くの恩恵をもたらしてくれます。腸内環境を整え、活性化させるには、毎日の継続的な摂取がお勧めです。

 

便秘薬のような数時間で効果が出るというような即効性はありませんが、早い方なら翌日にも効果を感じることができます。食品ですから取りすぎで大変なことになるということはありませんが、適量が商品ごとに表示されていますので目安の分量を超えないように注意しましょう。

 

オリゴ糖が便秘解消にすすめられる理由は、乳児、赤ちゃん、年配の方、妊婦さんでも安全にとれるということがあります。薬のように粒を飲む必要はありませんし、味も砂糖より甘くないのでいろいろな料理にも利用しやすいためです。家族全員で便秘予防することができますよ。

 

⇒おすすめのオリゴ糖はこちら

 

便秘に効果がある食べ物

 

便秘の原因にもよりますが、便秘を解消するために有効な食べ物があります。

 

作用は、腸の働きを正常にさせるもの、便の量を増やすものなどがあり、代表的なものに、食物繊維やビフィズス菌、オリゴ糖などがあります。これらを多く含んだ食事をするようにすると便秘を解消し予防することが出来ます。

 

食物繊維の多い食べ物

 

豆類に食物繊維が多く含まれているのがわかります。加工してあるので以下には含まれていませんが、きな粉も16.9gととても多いです。

 

いんげん豆(ゆで) 13.3g
あずき(ゆで) 11.8g
ひよこ豆(ゆで) 11.6g
おから 11.5g
納豆 6.7g
大豆(ゆで) 7.0g
こしあん 6.8g
麦みそ 6.3g
ごぼう 6.1g
さつまいも 2.3g
さといも 2.3g
じゃがいも 1.8g

(100g中の当たりの含有量)

 

乾物では、

 

きくらげ 57g
ひじき 43g
干ししいたけ 41g
青海苔 41g

 

と、一見とても多いのですが、水で戻しますからこの1/10程度になると思われます。

 

 

ビフィズス菌&オリゴ糖

 

腸内の善玉菌を増やしてくれ、その結果便秘が解消されるものの代表としてビフィズス菌があります。ビフィズス菌は偏った食事、ストレスや加齢、喫煙などが原因で減っていきます。

 

残念なことにビフィズス菌はすぐに減ってしまうのですが、なかなか増えてはくれません。増やすためにはビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も摂るようにしないといけません。

 

また、乳酸菌も整腸作用があることが知られています。発酵食品に含まれていますが、ビフィズス菌と比較するとその力は弱いそうです。

 

ビフィズス菌を多く含んでいる食品は、やはりヨーグルトです。ビフィズス菌が入っているものは、パッケージに表示があるので入っていないものと混合しないように注意しましょう。

 

便秘にも種類がある!?あなたはどのタイプ?

 

便秘の原因はいろいろとあります。女性に多く80%の人が便秘に悩んだことがあるという統計もあるほどですが、同じことが原因で便秘になっているわけではないのです。

 

タイプは大きく分けて熱秘、冷秘、気秘、虚秘の4つあります。

 

タイプ 症状のチェック項目
熱秘 口臭がある、ニキビ・吹き出物ができる、肌あれ、コロコロうんちで臭い
冷秘 冷え性が酷い
気秘 便が残っている感じ、おなかが張る
虚秘 便秘と下痢が繰り返す、便秘の期間が長い

 

 

熱秘
腸に熱がこもることで起こります。辛い食べ物・肉類の食べ過ぎや他の熱性病などで熱がこもってしまって水分が失われて、その結果コロコロの便になってしまいます。水分が少なくなることで便が出にくくなってしまうのです。もっと胃を大切にする気持ちで食事をするといいですね。

 

 

冷秘
老化や冷え性で胃腸の働きが弱まって便秘になってしまうタイプです。消化の良いものを食べるように心がけて、冷たい飲み物。食べ物は避けましょう。

 

 

気秘
ストレスや運動不足から便秘になりやすいのです。ゲップがよく上がってくるという特徴もあります。ストレス解消や軽い運動(歩くなど)を行うようにしましょう。

 

 

虚秘
老化や産後で疲労していると起こりやすいです。体液、血液、気が少なく低下していることが原因です。体力が戻ってくるような生活習慣を心がけてください。

 

 

自分に合った方法をおこなうと便秘を改善するのにも早く対応できます。しかし、酷い便秘の場合は一度は病院で診てもらうと安心ですよ。

 

便秘になる原因によって改善方法も違ってくる

 

便秘になる原因はいろいろあります。その原因によって改善の方法も変わってくるのでどのタイプの便秘化を知ることで早く便秘解消へつながります。

 

トイレを我慢すると便秘になる!習慣性便秘

 

子供の頃、便意を感じたら「我慢しないでトイレに行きなさい」って言われませんでしたか?

 

トイレを我慢していると便秘になってしまうからなんです。便が肛門近くまでやってくると、腸が広がることで便意を引き起こします。

 

しかし、ここでトイレに行くのを我慢していると気がついたら、便意がなくなっていたということが誰にでも経験があると思います。どうしてもトイレにはいけない場面というのは残念なことに遭遇しますが、こういったことを繰り返していると神経が鈍感になってしまい便意が起こりにくくなってしまうのです。

 

便が肛門近くまでやってきても便意を感じることが少なくなるので、排便の回数が減ってしまいます。

 

そして、腸内に溜まった排泄物は水分が吸収されてカチカチに・・・。固くなってしまうと余計に排泄しにくいので頑固な便秘になってしまうのです。

 

腸が働きすぎでも便秘になる?痙攣性便秘

 

よく便秘の人は腸の働きが弱い、悪いなどといわれます。多くは当てはまるかもしれませんが、みんながこのタイプとは限りません。

 

痙攣(けいれん)性便秘と呼ばれる便秘は、大腸のぜん動運動が強く激しい場合におこります。このタイプの便秘の原因はストレス自律神経の乱れなどにより腸が必要以上に過敏になってしまうために起こります。

 

萎縮したりした腸の中を便がスムーズに移動できないからなのです。

 

このタイプの人は便秘だけでなく、便秘と下痢を繰り返すとことが多いです。

 

 

痙攣性便秘の特徴

 

  • 便の量が少ない・コロコロの便
  • 排便の後もまだ残っている感じがする
  • 便秘と下痢を繰り返す
  • 腹痛がある

 

けいれん性便秘の場合は下剤や食物繊維の摂りすぎでも、さらに悪化してしまうこともありますから注意が必要です。

 

たまに便秘になってしまう一過性便秘

 

全然、便秘にならないという人は稀で、何日も続くような酷い便秘になったことはなくても急に便秘になることがあります。このタイプは一過性のもので生活習慣が崩れたことが原因です。

 

どんなときになるの?

 

  • 生活スタイルに変化があった
  • 運動不足で腸の働きが低下した時
  • 夏場など発汗が多く水分不足
  • 便秘になりがちな薬を飲んだ時

 

こういったことが継続されてくると便秘も習慣化(慢性化)されてしまいます。できるだけ早く対処しましょう。一過性の便秘ならば要因となる事柄がなくなれば、自然と便秘も解消されます。

 

腹筋をがんばれば便秘も治る!?

 

「腹筋を鍛えると便秘が治る」というのは本当でしょうか。かかりつけのお医者さんに聞いてみたところ、こんな回答をもらいました。

 

  • 便秘の原因の1つに運動不足というのがあります。運動不足で弛緩性便秘(※1)になっている場合は、腹筋をすることで便秘が解消されるということはあります。
  •  

  • 腹筋をすることで筋肉を鍛えることも改善に繋がりますが、腹部の血行がよくなるので胃腸の働きが高められてこれが便秘によい作用をすることもあります。

 

やっぱり噂どおりに、腹筋は便秘に効果があるようです。ただし、腹筋をする時に腰などへの負担がかからないように正しいスタイルで行わないといけません。

 

便秘にだけではなく、体を動かすことは健康にもいいので、ぜひ試してみたい方法ですね。

 

腹筋が弱っていて便秘になっている状態でも、便が腸内に溜まってしまうと腸内環境も崩れてしまっていることが多いです。頑固な便秘の場合は、腸内環境を整える食事にも気をつけながら、あわせて行うといいそうです。

 

※1 弛緩性便秘について
高齢者に多い弛緩性便秘とは筋肉量の低下によって、便を排出する力が弱くなってちゃんと押し出すことができないという便秘を指します。全部出しきれていない場合は腸内で水分を吸収されてしまって、便が固くなりさらに便秘の症状が悪化することがあります。このタイプの場合も便秘を柔らかくいい状態にしてくれる便秘サプリが有効です。

 

悪玉(ldl)コレステロール値と便秘

 

健康診断などでコレステロールに引っかかったなどはよく聞きますよね。とくに中年以降になると他人ごとではなくなってきます。食物繊維を多く摂れるようにと野菜を食べたり食事療法をしているという方もとても多いですよね。

 

悪玉(ldl)コレステロール値が高くなってくると動脈硬化などの様々な病気の原因にもなりますから、早めに予防対策をしておきましょう。特に便秘気味であるという人は思った以上に早く改善できるかもしれませんよ。

 

便秘を解消すると悪玉(ldl)コレステロール値は下がる!?

 

メタボリック、肥満だったりの人で便秘気味である人なら比較的早くldlコレステロールを下げられる可能性もあります。それは、便秘を解消することにあります。

 

便秘を解消して腸内に貯まったものを排出することで必要ない過剰なコレステロールも一緒にでていってくれるのです。

 

また、腸内細菌にも善玉、悪玉があるようにコレステロールにあるのですが、腸内と同じく善玉を増やすと悪玉が減っていくことになるのです。

 

この善玉(hdl)コレステロールを増やすには便秘解消にもなるオリゴ糖や乳酸菌が効果があるとされています。腸内の善玉菌もこれらを摂ることで増えて、そのことでもコレステロールを下げる働きをしてくれるそうです。

 

コレステロールと腸内細菌のどちらも善玉をたくさん増やしていくようにすることで健康的な生活を送ることができますよ。

 

お医者さんのビオフェルミンに対する意見

 

今日は病院に行ったついでに、ビオフェルミンももらっておこうと医師に告げたところこんなことをいわれて初耳だったので記録のために書いておきます。

 

ストレス性の便秘、下痢を繰り返すタイプであることを言ってから、「ビオフェルミンをもらえないかと・・・。」

 

そこで先生が便秘と下痢の回数はどっちのほうが多いか?と聞くんです。考えていると、便秘が多いのなら下剤、下痢が多いのならビオフェルミンを出すということでした。今まで、整腸作用があるから、ビオフェルミンは下痢にも便秘にも効果があると思っていたし、薬の瓶や説明書にもそう書いてありますよね。

 

でも、ここのお医者さんはかなりかなり信用できる(新薬やその他とても勉強されているようです)のでたぶんそうなのでしょう。便秘にも効果がないとはいいませんでしたが、下剤を便秘のときだけ飲むほうが対処としては早いのかもしれません。

 

ビオフェルミンは整腸剤なので腸内環境を整えてくれます。少々の便秘であれば効果があると思います。一時期、かなり酷い便秘だったときには飲んでもほとんど効きませんでした。この時の便秘の原因はホルモンバランスだったと記憶しています。相当、頑固で善玉菌が・・・とかいうレベルではなかったんですね。

 

原因がなににしても予防策として腸内の環境を整えていくのはいいことです。乳酸菌、オリゴ糖など体に害のない食品、サプリを活用することをおすすめします。

 

痩せるためのダイエットで便秘になり太りやすくなる!

 

食事制限で痩せようとすると食物繊維が不足することが多いです。そのため、便秘にもなりやすいのですが、原因は食物繊維だけではないんです。

 

食べるものを減らしてダイエットする場合は、腸に送り込まれる便の減量になるものも少なくなってしまうことになるので、ぜん動運動が低下してしまい腸内に便が溜まってしまうことがあります。

 

こうなってくると便が動かず長時間、大腸内に溜まってしまうことで、水分が吸収されてしまいカチカチ状態になるので排便しにくくなります。また、悪玉菌も増ることになり、これまで以上に便秘しやすい腸内環境になってしまいます。

 

便秘になっても薬を飲めばいいと安易に考えていると恐ろしいことになりますよ。いつも薬を頼っていると、自発的に排便に繋がる活動が低下してしまうからです。

 

痩せたいから下剤の飲むという人もいるようですが、本末転倒ですね。こういう方法で痩せようと思うのはとても危険です。体調も悪くなりますし、便秘薬の飲み過ぎは腸の機能を低下させてしまいます。

 

安全な方法で腸内環境を整えるだけで毎日、ちゃんと排便できるようになります。それだけでデトックス効果も期待できますから、痩せやすい体質になることが出来ますよ。

 

今、お腹に貯まっている便が原因で太るのではなく、でないことで太りやすい体質になっていることも多いのです。健康のためにも、ダイエットのためにも毎日スッキリを目指しましょう。

 

妊婦さんの便秘解消に!

 

妊娠中の便秘というのは、体に悪いだけでなく、トイレで踏ん張るという行為が怖くて精神的にもストレスを強く感じてしまいます。ウン○を柔らかくして、力を入れなくても毎朝、スキッとする快便になるために妊婦さんにはオリゴ糖の整腸効果の「カイテキオリゴ」がお勧めです。

 

page top